スマートリモコンとの連携

こんにちは。
adalo初心者のゆうきです。
無料アカウントを使用しています。

adaloでスマートリモコンと連携し、照明の灯りをOFF→ONにすることができるかを教えていただきたいです。

アイデアや実例などありましたら、ご教授いただけると助かります。
どうぞよろしくお願いいたします。

そもそもスマートリモコン(Nature remo等)はテレビやエアコン、照明などをリモート制御するために制御アプリをスマホにインストールして使いますよね?最適化された操作画面が既にスマホにあるのにAdaloから操作する理由が分からない。(多分できないと思いますが、仮にできたとして何かメリット有る?)

1 Like

はじめまして、ゆうきさん!
スマートリモコンにもよると思いますが、Adaloの有料プランに入ってCustomActionを使えるようになればそういったことも可能だと思います。
用意するものはAdaloとIFTTTのアカウントです。
IFTTTというのは異なるプラットフォームを連携できるもので、写真のような感じでトリガーと動作を設定することが出来ます。(Then ThatのところでNatureRemoを選択出来ます。)


手順としては

1.有料プランに入った後、Adaloの何かのエレメントのClickActionでCustomActionを作成。

2.IFTTTにPOSTにして、それをトリガーに照明の灯りをONにする。

となると思います。
スマート家電を持っていないので実際にできるかどうかは定かではありませんが、もしよかったら試してみてください。分からないことがあったらなんでも聞いてください!

1 Like

0941さん
早速のご返答ありがとうございます。
今回実装したいスマートリモコンとの連携機能は
いくつかある機能のうちの1つとして考えておりました。
説明ができておらず、申し訳ありません・・

Nature remo、初めて知りました。
どうもありがとうございます。
参考にさせていただきます。

11114さん
初めまして!
ご返答いただきありがとうございます。
IFTTT 聞いたことはありましたが、adaloとAPI連携できるのですね!
ご丁寧に手順まで記載いただき、非常に助かります。

まずは有料プランにして変更して、API連携を試してみたいと思います。
自分の周りでadaloについて聞ける人がいない(実はいるかも?)ため、
気軽に質問できる場所があることは非常にありがたいです。
また分からないことがありましたら、ご相談させてください!

IFTTTとAPI連携をしたいのですが、下記のエラーが発生してしまいます。
原因と解決策が分かりましたら、ご教授いただけないでしょうか。
お手数お掛けしますが、よろしくお願いいたします。

AdaloとIFTTTは現時点では連携できるようになっていないのでAdaloからNature remoなどを操作して照明をON/OFFさせるのは難しいと思います。(IFTTTを立ち上げると表示される連携アプリの選択肢にAdaloがそもそも入っていません)

ご返信ありがとうございます。

AdaloとNature remoを連携させるサービスは現状ないということでしょうか?
また、Adaloのアプリ内のボタンコンポーネントを押すと、Nature remoのアプリに遷移すること等は実装可能でしょう?

nature remoのwebサイトでどんなアプリ、サービスに対応しているか検索できますが、IFTTT、Zapier、Integromat等の連携アプリのいずれにも対応してないようです。(Adaloもです。)

お役に立てずにすいません。(夢がある話なのに何とかしたいですよね。)

nature remoのwebサイトでどんなアプリ、サービスに対応しているか検索できますが、IFTTT、Zapier、Integromat等の連携アプリのいずれにも対応してないようです。(Adaloもです。)

>ご確認いただきありがとうございます。
確認させていただきたいことがありますので、
後ほどメッセージを送らせていただきます。

お役に立てずにすいません。(夢がある話なのに何とかしたいですよね。)

>こちらこそ無知で色々と聞いてしまい、申し訳ございません。
とても参考にさせていただいております。ご返答ありがとうございます。

新しい情報を入手しましたのでご報告します。現時点ではAdaloとNature remoをIFTTT経由でAPI連携することは出来ないんですが、WebhookというHTTP通信のやり方を使えばつなげることが可能なようです。海外のAdalo Forum見てたらそんな質問が出ていました。(実際にAdaloとIFTTTをwebhookでつなげたと書いてあります。それにIFTTTにはもともとWebhookが用意されてます。下記資料参照)

(ポイント)
1.Webhook使って Adalo→IFTTT→nature remo の流れを作ることは可能

2.WebhookはAPIがあればつなぐことが出来る通信技術

じゃあ、具体的に何をどうするんだよ?という質問が来そうですが、それは一緒に考えていきましょう。私もさっきこれを知って、やり方は分からないけど、技術的には出来るということが分かったので後は調べるだけだと思っています。

(発見した資料)
1.Adalo Forumでの質問(AdaloとIFTTTをWebhookで連携させる件)

2.IFTTTはWebhookが使えるという資料
https://ifttt.com/maker_webhooks

3.そもそもWebhookって何?という疑問に答えるための資料(kintoneから引用)

1 Like

情報提供いただきどうもありがとうございます。
いただいた資料についてはこれから確認させていただきます。

少し希望の光が見えた感じがします。
なんとか実現させてみたいという思いです。

「Webhook」というサービスがIFTTTと連携できることは知っておりました。
スマートリモコンとの連携の質問した際に一番初めにいただいた回答内容でしたが、どのように連携するかは分かりませんでしたので、少し気掛かりでした。

連携に関わる情報がありましたら、ご教授いただけると大変ありがたいです。

adaloの使い始めて2カ月程ですが、まだまだ分からないことばかりです。
私も私なりに情報を収集し、アプリを構築していきたいとおもってます。

Webhookでデータを送る件は少しわかってきました。(やり方さえ分かればそんなに難しくないです)簡単な例を作りました。やって見て下さい。

(例)
AdaloのFormから名前、住所、年齢のデータを入力し、それをIFTTT経由でGoogle スプレッドシートに書き込むという例です。(Nature remoは手元にないので簡単な例でやってみました)

IFTTTとAdaloはAPI連携してないのでそのままではデータを流せないですが、Webhookを使ってAdaloのデータをIFTTTに送ってあげます。

1.データの流れ
Adaloでレコード追加(これがトリガー)
→Webhookに送る→IFTTT→Google Sheetに書き込む

2.サンプル
AdaloのFormから適当なデータを入力してそれがGoogleSheetに反映されているのを確かめて下さい。(Adaloから入れるのは「名前」、「住所」、「年齢」)※年齢はデータ型が「数字」にしています。半角で20とか40とか入れて下さい。

(Adalo)

(Google Sheet)
権限:「このURLを知っている人はだれでもアクセス可能(閲覧権限のみ)」

3.現在の疑問点
IFTTT経由でデータを送るとデータは以下のようになります。
「日付」 「名前(トリガー値)」「値1」 「値2」 「値3」

nature remoに接続した場合、制御に使える値が3つしか使えないのでこれで大丈夫なのかどうかちょっと心配。

でも何の関連もないアプリのデータが右から左にスムーズに流れているのを見るとちょっと感動しました。