データベースの紐づけについて教えて欲しい

Clickフォーラムでkoichiさんから投稿された下記の質問にここでお答えします。(設定が結構複雑なので画像を文章中に表示できるここのサイトで説明します)

(はじめに)
話を簡単に説明したいのでClickのDBとスプレッドシートには以下のデータが入っているものとします。スプレッドシートだけにid(会員番号)が入っており、ユーザーのfullname、birthdayの情報を送って照合し、一致した行のidを取得するというアプリです。
(山田一郎~山田五郎さんの5人のデータが入っています。)SheetDBの使い方などは知っているものとして特に説明していません。

1.Clickのuser DBの内容
こんな感じの5人分のデータが入っています。
構成: id(会員番号に相当)、password、email、fullname、birthday

2.スプレッドシートの中身
fullnameとbirthdayの他に個人固有のid(会員番号)の3つのデータがあります。
SheetDB02

3.SheetDBの画面
スプレッドシート用のAPIとして今回はSheetDBを使います。スプレッドシートのURLをコピーしてAPIを取得して下さい。APIのURLは以下の形になります。

「https://sheetdb.io/api/v1/{APIキー}」

4.Clickの開発画面(とりあえず2面だけで作成)
「ホーム画面」:user DBの内容をカスタムリストに表示する(一番左にid会員番号が来る)
「個別データ」画面:ホーム画面のカスタムリストの特定の行をクリックするとこの画面に遷移するように設定します

5.ホーム画面のカスタムリストとusers DBを紐づけます。

6.ホーム画面をクリックすると「個別データ」画面に遷移するようにClickFlowの設定をします

7.個別データ画面のボタンにカスタムClickFlowを設定します
ボタンを押すとスプレッドシートからデータ(id 会員番号)を持って来るようにカスタムClickFlowを設定します。GETで適合するデータを1つ持ってくるような動きにします

8.カスタムClick Flowの設定画面
APIのURL:「https://sheetdb.io/api/v1/{APIキー}」
※リンクして飛んでしまうと大変なのでわざと大文字でhttpsと書いています。
今回のAPIのURLはfullnameとbirthdayを照合させて一致したデータのid(会員番号)が欲しいので照合(検索)のURLにします

照合するためのURL:「https://sheetdb.io/api/v1/{APIキー}/search?fullname=「fullnameの変数」&birthday=「birthdayの変数」」→これをGENERAL APIの設定画面に入力します

9.GENERAL API画面の設定(変数fullnameの設定)
①「変数の追加」でfullnameの変数を作る
②画面左の「設定」でパラメータとして設定
③API URLの部分に変数を含めて入力する

10.GENERAL API画面の設定(変数birthdayの設定)
(注)fullnameもbirthdayもデータの種類はtextにして下さい。(birthdayだからといって種類をDateにするとエラーになります)

ここまで設定出来たら画面下部の「テスト」を押して、うまく行ったら「保存」ボタンを押して下さい。これで設定データが保存されます。

11.ボタンには3つのClickFlowを設定します
①SheetDBデータ取得・・・スプレッドシートにアクセスしてデータを取得します
②User 更新・・・・スプレッドシートから取得したデータの中でidの値をuserDBのidに転送します
③ページ移動・・・ホーム画面に戻ります

12.「SheetDBデータ取得」、「User更新」の設定内容
(注意)User更新の設定でcurrent userとloggedin userの2通り出てきますが、必ずcurrent userを選んで下さい。(Logged in user にしてしまうとClickに今ログインしているユーザーのデータを更新することになってしまいます。)

13.「ページ移動」でホームに戻ります

14.プレビュー画面でどんな動きになるかやってみましょう!
(例題)
山田二郎さんの行をクリックして二郎さんのid(会員番号)を取得してみましょう。

15.「個別データ」画面に山田二郎さんのデータが転送されていきました
ホーム画面でクリックした行のデータだけがここに飛んできます

SheetDB14

ボタンを押すとスプレッドシートのデータの中から以下の条件に合致するデータを探し出し、それをClick データベースにJSONの形でリターンしてきます。
fullname:山田二郎
birthday:2002/1/1

16.山田二郎さんのid(会員番号)が取得できました(id=2でした)

こんな感じでSheetDBを使ってスプレッドシートから適合データを持って来ることが出来るようになりました。

後はkoichiさんが作ろうとしているアプリの内容に応じてカスタマイズして下さい。データ取得の基本的な流れだけをきちんと理解すれば応用は出来ると思います。

不明点あったら質問して下さい。(番号で言ってもらってもいいです。どの番号の設定が分からなかったか?)

注意点
スプレッドシートの1行目は列の見出しになるので日本語は使わず、英語表記にして下さい。APIのURLにfullnameとbirthdayをパラメータで入れるので日本語だとエラーになる可能性がある。