adalo:データベースのインポートに関して

adaloにて簡易的な社内物流アプリをつくり
運用しております。そこでご質問とご相談です。

現在、5500点ほどの情報を格納しており、
購入金額・購入日・写真・搬入元・搬出先・搬出日・担当者などを
ナンバリングして管理しております。

そこで以下のような状況に陥っています。

・データベースをエクスポートしてエクセルで修正
・CSVを再度インポートしようとしても、インポートが終わらない
・20時間ほど経過していますが、
IMPORT DATAがクルクル回っている状態に変化がありません

写真データがURL指定で入っているから遅い
可能性があるのかと思っているのですが、
同じような状況になられた方がいらっしゃったら
改善した際の情報などご共有いただければ幸いです。

今後も定期的にデータベースを修正する必要がありそうでして、
これを機に、スプレッドシートを起点とした
データベース管理に変更することを検討している次第です……

何卒よろしくお願いします。

直接の回答では無いので参考程度に読み飛ばして下さい。
質問を読んで感じたのは、そんな重要な業務用データ管理なら最初からスプレッドシートと連携してやった方が全然楽だと思います。AdaloとスプレッドシートAPIを連携してスプレッドシートにデータを持って行って、そこで管理した方が間違いが無いです。

ダウンロードしてCSVファイルを作って、Excelで修正してまたそれをアップロードなどしていたら間違いやエラーの嵐になりそうです。(文字化けしたり、データの上下の順番が逆になるし)

以前、noteにスプレッドシートAPIの使い方を投稿したことが有るのでこれを参考にやってみて下さい。

スプレッドシートAPIもいろいろ種類があって迷いますが、おすすめはSheetDBです。ただ無料で作れるアプリは2個までなので、私は使い切ってしまい、現在「Stein」というスプレッドシートAPIをメインで使っています。

スプレッドシートAPI各種

SheetDBは無料範囲でもスプレッドシートの行数に制限が無いので5500行もデータがあるならこれしかないでしょう。ただ、ひと月のアクセス数は500回までに限られますが。(これが嫌なら有料会員になって下さい。何でもタダというのはあり得ません。)

私からのアドバイスは「やらなくていい苦労はしない方がいい」ということです。

スプレッドシートAPIの件で不明点あれば遠慮なく質問して下さい。

0941さん

ご回答いただきましてありがとうございます!

エクスポート/インポートの件は
『adalo上で「’」をインポートできない』という仕様から
来ていることが分かり、解決しました。
エクスポートはされるのに、インポートできないという……

また、ご意見いただきました通り、
今後はスプレッドシートへの移行を検討しております。

執筆されたnoteも参考にさせていただき
有料版SheetDBにて進めることを想定しています。

ご親切にご回答とご助言をいただき
ありがとうございます!